読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覆面保険営業ヤマダ(仮称)の激白ブログ

生命保険の「わからない」を「わかりやすく」生命保険の知って得する知識などを発信しています。

医療保険に入っていても入院が長引くとお金がもらえない!?

一般的な共済や医療保険には一入院あたりの限度があります。

 

一般的なのは60日、120日、180日などがあります。

この決められた日数を過ぎてしまうと、今までもらえていた入院日額5000円とか10000円の給付金がストップします。

 

退院後、短期間で再入院した場合も一入院とカウントされる場合があります。

 

入院したとしてもすぐ退院できるだろうと誰もが思います。医療保険にも入ってるし、大丈夫だろうと。

それがなかなか退院できない、入退院を繰り返す、気がついたら入院給付金がもらえない。

出口の見えないトンネルに入ったように不安になりませんか?

 

なので、「自分が入院したときは何ヶ月までお金がもらえるんだな。」と把握しておくことはとても重要です。

 

もっと考えるならば、入院給付金が受け取れなくなったら別の手段でお金をもらう代替策まで備えておくともっと安心です。

 

例えば、最近各社CMをやっている就業不能保険や、本当に深刻化して余命宣告された場合には死亡保障のリビングニーズ特約を活用する方法も考えられます。

 

貴方は保険の保険まで備えられていますか?