読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覆面保険営業ヤマダ(仮称)の激白ブログ

生命保険の「わからない」を「わかりやすく」生命保険の知って得する知識などを発信しています。

実録!こんな保険営業は嫌だ①

先日、喫茶店の隣で

某生保営業がプレゼンしていた。

聞き耳を立てるわけではないが、同業としてどうしても気になってしまう。

若い女性とベテランと思しき女性の二人組。

 

お客様が来られたらベテランの女性がさっと席にご案内して、飲み物を注文しにいきました。

とてもスマートな立ち振る舞いで好感が持てます。

まず、若い女性のほうが、挨拶も程々に

「○○さん、付箋って使いますか?」

出た出た。さっそくプレゼントか。

そっからは趣味、住んでいるところ、年齢など雑談で繋いでベテラン女性がコーヒーを持って席に戻ってきたら商談開始。

 

お客様の契約確認。

加入の経緯、商談で電話?郵便物でオススメのプランだか追加だか送っていたらしいが、お客様からは「もうこれ以上、加入する気はないですよ」と言っていたそうだが、

「お送りしたものより安いのを私お持ちしましたから!!!」

「4月から保険料が上がるので、必ずお客様にお時間とってもらってるんです!!」

 

お客様の意向を無視して、安いものを押し付ける営業スタイルはどうにも納得できない。

こういう営業が業界の不信感を生み、信頼を無くす典型例である。

お客様も買う気がないのに会わなければいいのに。(アポの目的が別にあったのならまだしも)

 

売りが出てる営業ってなんか信頼できない。

保険業界が世に信頼される日は遠い。。