読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覆面保険営業ヤマダ(仮称)の激白ブログ

生命保険の「わからない」を「わかりやすく」生命保険の知って得する知識などを発信しています。

保険営業がしつこくて困っているあなたへ

こんなお悩みはないだろうか。

 

・職場に出入りしている外交員がしつこい

・話だけ聞こうと思ったのに勧誘の電話が何度もかかってくる

 

しつこいのは嫌ですよね?

押売り紛いのことをされるのは嫌ですよね?

 

でも、待ってください。

よく考えてください。

 

 

 

あなたにも原因がありませんか?

 

 

 

保険営業は誰もが思っています。

「断ればいいのに」と。

 

日本人はNOと言えない人種だ。

だから、LINEは既読スルー、検討しているフリをしたり、見なかったこと、なかったことにして、事勿れで済まそうとする。

いい加減察しろよ、ということである。

 

先日、とても気持ちの良いお客様がいた。

電話でお話ししたところ、資料をご覧頂いて思ったよりも金額が高くなってしまうこと、保障はそんなに必要としていないことを仰ったあとで、

 

「お電話頂いたり、いろいろ教えて頂いてありがとうございました。申し訳ないんですが、他で入ります」

 

お客様のご期待に添えないのは営業として、誠に申し訳ない。

だが、こちらもビジネスである。

当然のことながら、この方だけを値引きすることはできない。

残念だが、諦めるしかないのである。

 

話を戻すが、なぜしつこく迫ってくるのか。

 

保険でも、保険以外でもそう。

貴方は期待させているからである。

 

「まだ検討している」なんて言ってる間はいつまでも連絡がかかってきますよ。

 

お客様が検討されているのであれば、なにを検討し、必要な情報は何なのか、それをサポートするのが保険の営業なのだから。

 

ましては、検討されている間にお客様が万が一にも事故に遭ってしまったら、入院されてしまったら、亡くなってしまったら、、、

さて、悪いのは誰でしょうか?

 

 

勇気を出して断りましょう。

お互いビジネスですから。

そういうものです。

別に悪く思う必要はないです。

しつこくて嫌だと思うなら断りましょう。