読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覆面保険営業ヤマダ(仮称)の激白ブログ

生命保険の「わからない」を「わかりやすく」生命保険の知って得する知識などを発信しています。

保険料免除特約のメリット・デメリット

メリット

・今後の保険料を払わず保障を持てる

デメリット

・なるかどうかわからない疾病になった後の保険料を多めに払うことになる

 

三大疾病、七大疾病、介護状態等になった場合に以後の保険料を支払わなくていいという特約があります。

 

保険料を払わず、保障が続くのは大きなメリットになります。

30歳男性が保険料を男性の平均寿命80歳まで払い続けた場合、

たとえば保険料が毎月1万円だとすると、、、

1万円×12ヶ月=年間12万円

年間保険料12万円×(80歳-30歳)=600万円

これが加入してから40歳で、払込免除事由に該当してしまった場合、実質の支払い120万円で600万円分の保障を買ったことになります。

これはとてもお得ですね。

 

ここで注意してもらいたいのは、支払いの期間です。

例えば、70歳までの払込期間だとします。

先ほどと同じ条件で、69歳で払込免除事由に該当してしまったとしたら、588万円で600万円の保障を買うとお得感はちょっと低いですね。

 

さらに、免除特約を付加しなかった場合はその分安くなるので、どちらにしても70歳で保険料支払が終了する保険なら付加しなくてもいいかもしれません。

 

考え方によっては、健康状態がいい時に、のるかどうかわからない疾病になった後の保険料も上乗せして支払うことになるという点も考えておきたいです。

 

うまく活用できれば節約効果も大きい特約です。わからないことは担当者にどんどん質問して納得のいく保険の形にしてください。

みんながどんなの保険に入ってるか気になったことありませんか?

公益社団法人 生命保険文化センター

平成27年度生命保険に関する全国実態調査《速報版》」によると、

生命保険の世帯加入率(個人年金含む)は、89.2%

死亡保険金の平均額は、2423万円

年間の平均保険料は、38.5万円

これを月に直すと、約3.2万円

 

日本人は平均が大好きです。

世帯の家庭状況や、年収、ライフスタイル、考え方などにより

異なるので、気にする必要は正直言ってないです。

 

では、なにを気にすべきなのか。

 

どういう目的で保険に加入するのかが大事です。

家族に迷惑をかけたくないからでしょうか?

収入を得られなくなったら困るからでしょうか?

お子さんの教育費を捻出するためでしょうか?

 

たとえば、家族のことが大好きで

なにがあっても奥さんとお子さんの生活を守りたい!というお父さんがいます。

 

これに加入さえしておけば、どんなことがあっても

家族に迷惑をかけることがない。

そんな保険があったらどうでしょうか。

この保険、毎月10万円で加入できるとしたら。

 

目的に合う商品で、それだけの価値があるなら加入しませんか?

「平均が3.2万だから」といって入るのをやめますか?

 

平均は結果に過ぎません。

他人は他人、貴方は貴方。

本当に目的に合った保険に加入できているかどうか。

なにが必要なのか、ご家族で考えてみてください。

持病を隠して保険に加入しようとしているあなたへ

告知義務違反で契約を解除されます。

 

保険に加入するときに、ほとんどの保険には告知と言って、健康状態に関する質問に答えなければいけません。

 

故意に事実と異なる申告をした場合は、契約を解除し、保険金を受け取ることができません。

 

保険は健康状態が一定以上の方に加入を制限しています。

相互扶助の精神から、みんな同じ保険料を払っているのに

何度も給付を受け取っているとしたら、不公平ですよね。

保険会社も企業として利益を出していかなければ存続できませんし、万が一大きな天災などでたくさんの給付請求があったときに耐えられなくなってしまいます。

 

健康状態のいい時は保険の有難みは理解しにくいと思いますが、健康状態が悪化してからでは加入できないので普段から考えておきたいですね。

保険に入りたくても入れない人の特徴3選

・持病を持っている、薬を服用している方

・入院している人、疾病の治療のための通院をしてる人

・刺青、ファッションタトゥーが入ってる方

 

 

持病や薬を服用している方は、健康な方と比較して入院や死亡のリスクが高いため、平等性を欠くので一般的な保険には加入できません。

持病のある方でも入れる保険や、健康状態に関係なく加入できる保険もあるので、気掛かりな方は一度相談してみると良いと思います。

 

入院していたり、通院している人は、保険は加入前から発生していた疾病については保障されません。

かつ、加入時の健康状態の質問(告知)に嘘をついたとして、告知義務違反として契約が解除される可能性があります。

 

一般的に刺青やファッションタトゥーは肝炎のリスクが高いため、これも実は保険の平等性を欠くため加入をお断りしています。

 

あとは当然ですが、反社会的勢力の方は保険には加入できません。

あと、外国人の方は一定の要件を満たせば保険に加入できる可能性が高いです。

自分自身の判断で諦めず、一度プロに相談してみましょう。

医療保険に入っていても入院が長引くとお金がもらえない!?

一般的な共済や医療保険には一入院あたりの限度があります。

 

一般的なのは60日、120日、180日などがあります。

この決められた日数を過ぎてしまうと、今までもらえていた入院日額5000円とか10000円の給付金がストップします。

 

退院後、短期間で再入院した場合も一入院とカウントされる場合があります。

 

入院したとしてもすぐ退院できるだろうと誰もが思います。医療保険にも入ってるし、大丈夫だろうと。

それがなかなか退院できない、入退院を繰り返す、気がついたら入院給付金がもらえない。

出口の見えないトンネルに入ったように不安になりませんか?

 

なので、「自分が入院したときは何ヶ月までお金がもらえるんだな。」と把握しておくことはとても重要です。

 

もっと考えるならば、入院給付金が受け取れなくなったら別の手段でお金をもらう代替策まで備えておくともっと安心です。

 

例えば、最近各社CMをやっている就業不能保険や、本当に深刻化して余命宣告された場合には死亡保障のリビングニーズ特約を活用する方法も考えられます。

 

貴方は保険の保険まで備えられていますか?

先進医療特約ってなに!?

厚生労働省が認める健康保険の使えない全額自己負担の治療法です。

 

例えば、癌の治療で使われる重粒子線治療は全額自己負担でおよそ300万円程かかります。

一定の限度額はありますが、お入りの医療保険に先進医療特約がついていれば、技術料の全部または一部を保険会社が負担してくれます。

 

もし、癌に罹ってあれこれ治療法を試したが効果が見られないとしたらどうでしょう。

先進医療に1%でも治る見込みがあるとしたら、300万円でもチャレンジしませんか?

それが自己負担なく、チャレンジできたらとてもいい特約じゃないですか?

 

医療保険は必要ない議論もありますが、個人的な意見ですが、この特約を持つだけでも価値があると思います。

 

さっそくあなたの保険に先進医療特約がついてるのか。確認しては如何でしょうか?

実録!こんな保険営業は嫌だ①

先日、喫茶店の隣で

某生保営業がプレゼンしていた。

聞き耳を立てるわけではないが、同業としてどうしても気になってしまう。

若い女性とベテランと思しき女性の二人組。

 

お客様が来られたらベテランの女性がさっと席にご案内して、飲み物を注文しにいきました。

とてもスマートな立ち振る舞いで好感が持てます。

まず、若い女性のほうが、挨拶も程々に

「○○さん、付箋って使いますか?」

出た出た。さっそくプレゼントか。

そっからは趣味、住んでいるところ、年齢など雑談で繋いでベテラン女性がコーヒーを持って席に戻ってきたら商談開始。

 

お客様の契約確認。

加入の経緯、商談で電話?郵便物でオススメのプランだか追加だか送っていたらしいが、お客様からは「もうこれ以上、加入する気はないですよ」と言っていたそうだが、

「お送りしたものより安いのを私お持ちしましたから!!!」

「4月から保険料が上がるので、必ずお客様にお時間とってもらってるんです!!」

 

お客様の意向を無視して、安いものを押し付ける営業スタイルはどうにも納得できない。

こういう営業が業界の不信感を生み、信頼を無くす典型例である。

お客様も買う気がないのに会わなければいいのに。(アポの目的が別にあったのならまだしも)

 

売りが出てる営業ってなんか信頼できない。

保険業界が世に信頼される日は遠い。。